祖母の反戦の教え胸に 埼玉選挙区候補 伊藤 岳さん


私の政治家としての原点は、戦争だけはダメだという祖母の教えです。海軍特攻隊の基地があった大分県宇佐市で育った祖母は、若者たちが飛び立つときに、上空で飛行機を3度旋回させて別れの合図を送っていった姿を何人も見送りました。

私はこの国を再び戦争する国には絶対にさせません。憲法改悪も許さない。自民党の改憲プログラムは、緊急事態条項の創設や基本的人権の削除、国防軍など、要するにわれわれの目と耳と口をふさぎ、いよいよ戦争への道にまっしぐらの内容を含んでいます。

自民党は強硬姿勢が大事だ、抑止力だと言って戦争法を強行採決させました。しかしどうでしょう、北朝鮮からのミサイル発射はまったく止まりません。強行的手段の一辺倒でもめごとを解決することはできない。

北東アジアの国々と友好協定を結び、もめごとを紛争に発展させない。そんな外交に力を尽くすことこそが重要です。

あなたの声が政治を変える。今度の選挙はチャンスです。市民のみなさんが野党共闘を大きく実らせ、参院1人区すべてで野党統一候補を擁立しました。野党共闘に力を尽くしてきた日本共産党を押し上げて、野党の連合政府樹立などさらなる共闘を発展させようではありませんか。

戦争法を廃止し、日本国民を誰ひとり殺させない。立憲主義と民主主義を取り戻す。憲法9条に基づく平和外交をすすめる。みなさんと野党が力をあわせて、自民党と公明党に立ち向かおうではありませんか。(6月27日、川口駅前の街頭演説)

(2016年7月5日付「しんぶん赤旗」より)