厳しい時代を頑張りぬいた伊藤岳さんをぜひ国会へ


不破哲三前議長の応援演説から(2016年7月8日・浦和駅西口にて

浦和で支持を訴える不破前議長

伊藤岳選挙区候補と日本共産党への支持を訴える不破哲三前共産党議長(撮影:五味明憲氏)

こんどの選挙、選挙区では伊藤岳さんをお願いしたいと思います。私は実は、伊藤岳さんと初めてお会いしたのは2001年、総選挙の比例選挙の候補者として活躍している伊藤さんと川越でお会いして応援をしました。それから随分経ちましたが、見違えるように素晴らしい力を持った政治家になりました。(拍手)2001年から今までというのは、共産党にとっても伊藤さんにとっても厳しい時代だったんです。政界では共産党を除くが支配する、共産党との共闘など問題にもならない。そういう時代のなかで頑張りぬいて、そして皆さんのための政治を実現しようとしてやってきた伊藤さんです。今度こそ国会にぜひ当選させて、この埼玉のなかでみなさんのお陰で鍛えられたその力を大いに発揮させていただきたい。(拍手)

 

私は実は昨日、横浜であさか由香さんの応援をしたんですけども、あの方はどうもお若いなと思って聞いてみましたら、私は1930年生まれですが、あさかさんは1980年生まれだといいます。50年違うんです。(笑い)孫の時代だと思いましたが、伊藤さんを見まして、どうも子どもの世代だと思いました。先ほど、私の父は不破さんと同じ歳だったんだと。(笑い)そういう若い方々に、どうか私どもの後を継いで国会で大いに働いてもらいたい。そういう願いを込めて、みなさんにお願いする次第であります。(拍手)比例代表の方は、ぜひ日本共産党にお願いします。