10月17日 所沢駅前で市田副委員長が訴え

所沢駅西口で訴える、右から、神田三春(9区候補)、市田忠義(副委員長)、塩川哲也(比例候補)、つじモトミ(8区候補)の各氏=所沢市

10月17日日本共産党の市田忠義副委員長・参議院議員は17日、西武線の所沢駅西口で、街頭演説。比例代表は日本共産党、小選挙区では神田三春候補(8区)、つじトモミ候補(9区)への支持を呼びかけました。
市田副委員長が演説を始めると聴衆がふえ800人に。市田副委員長は、安部政権による9条改憲ノー、北朝鮮問題は対話による平和的解決をなど訴え、貧困と格差の解消の問題では、1%の富裕層や大企業優遇の政治ではなく、99%の国民を応援する政治の実現を訴ええると聴衆は大きな拍手でこたえました。
街頭演説では、「野党共闘8区の会」の代表が、つじ候補の支援を決定したこと、9区の「野党共闘・市民連合」の代表も、神田候補への支援を呼びかけました。
神田、つじ両候補も、市民と野党共闘の勝利と、日本共産党の躍進で、安部政権に退場の審判をくだそうと力づよく訴えました。

●埼玉4区の会 駅前で宣伝・署名 野党3党が参加

「市民が野党をつなぐ埼玉4区(朝霞、志山、和光、新座)の会」は10日夕方、東武東上線志木駅前(新座市、志木市)で、首相が憲法9条改悪を公言した安倍政権の打倒、「共謀罪」法案の廃案を求める街頭宣伝を行いました。

日本共産党、社民党、新社会党の各党から29人が参加し、共産党の朝賀ひでよし衆院埼玉4区候補らがリレートークで訴えながら「共謀罪」反対の署名を52人分集めました。

署名した人からは「安倍首相は怖い。何をするか分からない」「(共謀罪創設で)メールをのぞくなんてプーライバシーの侵害でしょ」などの声が寄せられました。

会は、15日に朝霞駅前、26日に和光市駅前でそれぞれ宣伝を行います。

(「しんぶん赤旗」5月13日付より)

●安倍政権倒すとき 埼玉9区市民と野党が街頭で訴え

衆院埼玉9区(狭山、入間、飯能、日高の4市と毛呂山、越生2町)の住民でつくる「埼玉9区、安倍政治はイヤだ 野党共闘・市民連絡会」は9日、狭山、入間両市の駅前で、市民と野党の共闘を訴える街頭演説を行いました。

共産、民進の同区衆院候補がそろう初めての街頭演説で、共産党の神田三春氏は安倍首相が期限を切った憲法9条改悪を明言したことについて、改憲に反対する国民世論との矛盾に焦っている表れだと指摘。閣僚の失言も相次ぎ、内閣はボロボロだと述べ「おこりの政治が長く続くはずがありません。市民と野党が力を合わせれば安倍政権を打ち破ることができます」と語りました。

民進党の杉村慎治氏は、安倍政権による改憲策動や「残業代ゼロ」を狙う「働き方故革」を批判し「市民と野党の共闘で政治を変える流れをつくりたい」と表明しました。

無所属の中山浩県議(狭山市選出)もマイクを握り「(野党共闘を市民に訴える)きょうがそのスタートだ」と述べました。

演説を聞いた、狭山市の女性(71)は「戦争はいや。安倍政権に勝つためには野党共闘が必要です」と話しました。

(「しんぶん赤旗」5月12日付より)

●暴走政治を止める要 大内・小池衆院比例候補が埼玉県内8市で宣伝

声援に応える(右から)大内衆院比例候補、あさか英義衆院埼玉4区候補、小池衆院比例候補、伊藤岳参院選挙区候補=13日、朝霞市

次期総選挙の躍進をめざして茨城、栃木、群馬、埼玉の各県を巡る、日本共産党の「北関東ブロックキャラバン宣伝」は12、13の両日、埼玉県入りし県内8市で宣伝しました。

大内くみ子、小池一徳両衆院北関東比例候補が、各地の衆院小選挙区候補や伊藤岳参院 埼玉選挙区候補とともに「安倍暴走政治にストップをかけ、野党共闘前進の要となる日本共産党を躍進させてほしい」と訴えました。

小池氏は、学費引き下げや給付制奨学金の拡充、過労死を生み出さない労働時間の上限規制などを語り、「税金の使い方を軍事費優先から教育、社会保障優先に」と話しました。

大内氏は、福島原発事故の自主避難者への補償金を「自己責任」だと打ち切った政府を批判し、避難者の生活再建に責任を持つよう土張。「原発ゼロ」へ政府は決断すべきだと述べました。

春日部市で演説を聞いた会社員の男性(50)は「いろんな政治問題が起きているのにあいまいにされ、大臣も政治家も質が問われている。表ではいいことを言って、裏では金で動くような政治家はだめだ」と話し、朝霞市の小河智紀さん(34)は「共謀罪は、どこまでが犯罪になってしまうのかと心配。共産党には頑張ってほしい」と語りました。

(「しんぶん赤旗」4月16日付より)

●共謀罪廃案に 入間で宣伝

埼玉県入間市の西武池袋線入間市駅前でこのほど、「共謀罪」に反対する宣伝が行われました。「女の平和いるまレッドアクション実行委員会」が呼びかけたもので、27人が参加。1時間ほどで120人分の反対署名が集まりました。

埼玉土建主婦の会、新日本婦人の会、治安維持法国家賠償要求同盟、平和ネットの女性がリレートーク。「内心の自由を奪う共謀罪は許せない」「共謀罪は現代版治安維持法だ」「共謀罪を廃案に」などと訴えました。日本共産党の安道佳子市議も参加しました。

(「しんぶん赤旗」4月16日付より)