●三郷市議選 いなば、工藤、さとう、深川の4候補の訴えから

埼玉県三郷市議選(定数24)が16日告示(23日投票)でたたかわれます。日本共産党は現職2、新人2の4候補が改選時比1増の、前回選挙で獲得した4議席の確保をめざします。7日に行われた党街頭演説での.4候補の訴え(要旨)を紹介します。

共産党に「3つの宝」
いなば春男候補(69)現

共産党は、「3つの玉」を持っています。
第一は市民のみなさんの声を市政に届けるということです。たとえば、小中学校へのクーラー(エアコン)設置を求めて、私たちは約6000人分の署名を集めて、市に提出しました。その結果、全学校にクーラーが入ったのです。
二つ目は、国言いなりの市政に対し、「一番身近な地方自治体は、きちんと国に対してものを言う政治にせよ」という立場で、ずっと運動してきました。
三つ目は、私たちは、常に「住民のみなさんが主人公」という立場で、議会で質問し、運動してきたことです。このようなすばらしい宝を持っている共産党の候補者をみなさんの力で(議会に)送ってください。

命と暮らし最優先に
工藤ちか子候補(55)現

私は看護師を経験し、2期8年間、「看護師の心を市政に」をモットーに活動してきました。安倍政権による社会保障費の引き下げは、市民・国民のみなさんに負担を押し付けています。憲法25条をないがしろにし、個人の尊厳を踏みにじる安倍政治を、許すわけにはいきません。私は、福祉や医療・介護を少しでも良くしていきたい。
共産党はこれまで、市民のみなさんの声を集めて実現のために力をあわせてきました。特別養護老人ホームの増設や保育所の定員増などを実現し、介護保険料を周辺自治体よりも低く抑えることもできました。
共産議員団を3から4人に増やし、市民の命と暮らし最優先の市政に転換させるため、金力を尽くします。

人を大切にする政治
さとうともひろ候補(37)新

私は、かつて原子力務研究所のエンジニアでこした。しかし、福島での原発事故で、国民が大切にされていないことに矛盾を感じ、転職を決意しました。
そして、「人を大切にしている職場だから」と病院勤務を希望し、三郷市の病院で勤務することになりましまた。
そこで医療や介護などの問題に触れるうちに、問題の根本には政治があることを知りました。日本共産党は、私に政治に関わるチャンスを与えてくれました。
(議会では)国民健康保険税の1世帯1万円引き下げなどに加え、原発エネルギーに頼らない自然エネルギー政策などを取り上げ、災害に強く、暮らしやすいまちづくりをめざします。

9条を守りたいから
深川ともか候補(35)新

私は十数年前、イラク攻撃に反対する集会に誘われて参加し、戦争で犠牲になるのは、多くが罪のない一般の市民だと知り胸を痛ためました。
二度と戦争をしないと誓った憲法9条を守りたいと思い、戦前かの戦争反対を貫いてきた日本共産党に入りました。
国会前にも足を運び、戦争法などに反対の声をあげましたが、国民の声を無視する政治に、やりきれない怒りを感じていました。
「おかしいごとを『おかしい』と言えなくなるのは嫌だとの思いで、市議選への立候補を決意しました。
三郷市は、大型開発が進む一方で、中小業者が減っています。子どもやお年寄りに優しく若者が輝くまちづくりをめざします。
(「しんぶん赤旗」7月12日付より)

●地道な活動これからも 杉戸町長選結果 上田市が表明

9日投開票された埼玉県杉戸町長選で、「誰もが安心してくらせる杉戸町をつくる会の上田聡氏(55)=無所属新、日本共産党推薦=は、3546票(得票率23・00%)を獲得しましたが、及びませんでした。
上田氏は「憲法を暮らしに生かした住民本位の町政の実現」を掲げ、介護保険料の引き下げや小中学校・幼稚園へのエアコン設置などを訴えて選挙戦をたたかいました。
結果を受けて上田氏は「短期間の選挙戦で3500票余をいただいたこと感謝申し上げます。
今後も地道な活動を続け、みなさんの役に立てるよう頑張ります」と語りました。
(「しんぶん赤旗」7月11日付より)

●住みよい飯能へ今後も 市長選結果 長谷川氏語る

9日投開票された埼玉県飯能市長選(立候補3人)で、「住みよい飯能市をつくるみんなの会」の長谷川順子氏(44)=無所属新、日本共産党推薦=は4404票(得票率15・30%)を得ましをたが、及びませんでした。
3人の子育て中で、シングルマザーも経験した長谷川氏は、保育所の待機児童解消やひとり親家庭への支援など「ニーズに応える子育て支援」を掲げ、医療・介護・福祉の充実を訴えました。子育て中の母親や、近隣市町の無所属の議員らが連日、長谷川氏の応援に駆け付けるなどしました。
選挙結果を受けて、長谷川氏は「多くの方が関わってくれ、選挙に行ったことのないようなママたちとも一緒に活動できた選挙だった。これからも住みやすい飯能市にするために、子育て中のママや学校に行きたくても行たけない子どもたち、社会に出たくても出られない人たちと一緒に、できることをやっていきたい」と語りました。
(「しんぶん赤旗」7月11日付より)

●市民参加の市政に 飯能市長選(9日投票) 長谷川氏が全力

 埼玉県飯能市長選は7月2日告示(9日投票)されます。「住みよい飯能市をつくるみんなの会」の長谷川じゅんこ候補(44)=無所属新、日本共産党推薦=は「市民参加のまちづくり」をめざし、全力をあげています。
市長選は、長谷川氏と現職の大久保勝氏=自民党、公明党=推薦=、元市議の椙田博之(ずぎた・ひろし) 氏(53)の3人の争いになる見込みです。
大久保市長は、「市民負担の軽減」などを掲げて2013年に初当選しましたが、上下水道料金を引き上げるなど、市民の負担を増やしてきました。また、市内上空を米軍MV22オスプレイが飛行していた問題では、市議会でも明確な答弁を避け、国にはっきりとものを言う立場ではありません。
長谷川氏は、「共謀罪」法など、安倍政権による「戦争する国づくり」への反対を表明し、市民から署名を集めて同法に反対する請願を市議会に提出。市民と野党の共闘を進める運動でも先頭に立って奮闘してきました。3人の子育て中で、子育て支援団体にも関わる経験から、子育て支援や医療・介護・:福祉の充実を掲げ、保育所の待機児童解消、学校給食費の無償化、ひとり親家庭への支援、国民健康保険税・介護保険料の負担軽減などを公約しています。
6月24日に開かれた事務所開きで、長谷川氏は「『ママがうごけば、市政も変わる』と思います。シングルマザーやお年寄りなど、弱い立場の人も安心して暮らせるようにしたい」と決意を語りました。
(「しんぶん赤旗」6月30日付より)

●福祉・教育、最優先 杉戸町長選(9日投票)で上田氏決意 

埼玉県杉戸町長選(7月4日告示、9日投票)で、「誰もが安心してくらせる杉戸町をつくる会」は24日、上田さとし氏(55) =無所属新、日本共産党推薦=の勝利をめざすつどいを開きました。
上田氏は、国の介護保険改悪で、母が入居する特別養護老人ホームの利用料が月額10万円から17万円に跳ね上がった経験を語り、他にも大幅な負担増になった利用者がいたにもかかわらず、町は軽減策を講じなかったと批判。「私と同じような境遇の人が増え続けることは看過できない。すべての人が長寿を心から喜べる社会を実現したい」と選挙にかける思いを語りました。
上田氏は、現町長が減らした介護予防予算の拡大や、県内で最低水準に置かれている小中学校エアコンの全教室への設置、巡回バスの運行改善、駅前の認可保育園整備、総合病院の誘致などの政策を掲げ、「税金の使い方を福祉、教育最優先に切り替え、憲法を生がす町政を実現します」と力説しました。
町長選は、上田氏と現町長、前町議の3人の争いになる見込みです。
(「しんぶん赤旗」6月30日付より)

●国会議員駆けある記 都議選 自公に審判を 塩川鉄也衆議院議員

いよいよ都議選が告示されました。4年前の都議選の躍進が日本共産党の躍進の流れをつくりました。衆議院では2014年末の総選挙で8人か21人へと躍進したことで、予算委員会など各委員会の審議時間が大きく増えるとともに本会議における登壇回数も増えました。安倍政権を追い詰める徹底論戦の場になっています。
いま「共謀罪」法案の強行採決、行政私物化の森友・加計学園疑惑隠しに国民の怒りが広がっています。逃げ回る安倍首相に、4野党は臨時国会の速やかな召集を突き付けました。徹底審議で追い込んでいきたい。そして目前に迫った都議選で自民・公明に審嫌を。
豊洲新市場移転問題など都政の闇を追及してきた党都議団への期待は大きい。
先日、都内の街頭で訴えました。バスを1台乗り過ごして、バス停で話を聞いてくれた女性は「みんなに知らせたいのでチラシをたくさんください」と声をかけてきました。
雨の中、2階の窓を開けて「がんばれー」と家族で声援してくれた人も。必ず勝利したい。がんばります。
(「しんぶん赤旗」6月25日付より)

●市民のための政治に 梅村衆院議員が街頭演説

日本共産党の梅村さえこ衆院議員(比例北関東・埼玉15区候補)は28日、埼玉県戸田市と蕨市の6カ所で街頭演説し「一日も早い安倍政権の退陣を」と訴えました。

JR戸田駅前の演説で、梅村氏は、安倍政権が年金カットや介護保険改悪など国民には痛みを強いる一方、「森友学園」「加計学園」問題では特定の人物に便宜を図っていると批判。「不平等、不合理な政治は許さないという声をあげ、市民の声が通る、市民のための政治を一緒につくりましょう」と語りました。

梅村氏は「共謀罪」法案や憲法改悪阻止のたたかいに全力をあげると表明。「安倍暴走政治ストップへ、市民と野党の共闘による新しい政治のうねりを起こしましょう」と訴えました。

花井伸子戸田市議も訴え、市議海外派遣の旅費返還請求裁判での勝利判決を報告するとともに、国民健康保険の都道府県化による国保税大幅引き上げの押しつけなど、地方自治に対する安倍政権の強権政治を批判しました。

(「しんぶん赤旗」5月31日付より)

●さいたま市長選 「9条守る」に共感 前島氏 前回票を2.2倍化

21日投開票された、さいたま市長選(立候補3人)で、「みんなのさいたま市をつくる会」(みんなの会)の前島英男氏(64)=無所属新、日本共産党推薦=は、大勢が明らかになった午後8時すぎ、事務所に集まった支援者らに感謝の言葉を述べました。前島氏は前回の、「みんなの会」候補の得票を2・2倍に増やして健闘しましたが、及びませんでした。

前島氏は市政の転換とともに、「憲法9条を守り、安倍政権にはっきりとものを言える市長を」と訴え、市民の共感を広げました。

事務所に駆け付けた、共産党の梅村さえこ衆院議員は「『共謀罪』法案が(衆院法務委員会で)強行採決され、安倍首相が2020年までの9条改憲を狙うなかで、安倍政権の暴走に反対する前島さんへの共感が広がり、市民の『政治を変らえたい』という思いを感じた選挙だった」と述べました。

報道陣の質問に答えて前島氏は、選挙応援に、無所属の市議や元市議、教員時代の教え子や保護者ら幅広い市民が立ち上がり「かつてなく運動が広がった選挙だった。今後に生生きるたたかいができた」と語りました。

3選した清水勇人市長に対して、自身が掲げた「ビッグイベント、大型開発を見直して福祉・教育最優先の市政の実現」を引き続き求めていくと表明。また、「『オール埼玉総行動』や『九条俳句』訴訟など、これからも市民運動を頑張りたい」と話しました。

(「しんぶん赤旗」5月23日付より)

 

さいた市長選開票結果(選管最終)

清水勇人(無現) 203,953票 当選
中森福代(無新) 63,200票
前島英男(無新) 53,971票
     (投票率 31.44%)

●前島氏勝利で市政変える さいたま市長選21日投票

さいたま市長選(立候補3人)は21日、投票日を迎えまず。「みんなのさいたま市をつくる会」の前島ひでお候補(64)=無所属新、日本共産党推薦=は連日、「税金を市民のために使う『あったかい政市政』を実現ずるために、何としても市長に押し上げてください」と訴えています。

前島候補の「ピッグイベント・大型開発優先ではなく、子育て・暮らし・福祉を守る市政の実現を」「憲法9条を守り、安倍政権にはっきりとものを言える市長を」との訴えに、市民の期待と共感が広がっています。無所属の市議や元市議も応援に駆けつけ国の悪政にものを言うこともなく、ビッグイベントを推進する現市政を批判し、前島候補の勝利で市政を変えようと呼びかけています。

市内の小学校で37年間、教員として働いてきた前島候補のもとには連日、教え子や保護者が駆けつけ、応援のマイクを握ったりSNSで支持を広げたりしています。

「朝日」の候補者アンケートで、現職の清水勇人氏(55)は、さたいま市への「アベノミクス」の影響について「好循環の良い影響」と回答。元自民党衆院議員の中森福代氏(67)も「良い影響がある」と回答し、いずれも安倍政権にはっきりとものを言う立場にはありません。

19日、見沼区で前島候補の演説を聞いた女性(68)は「介護保険料も下水道料金も高いし、小学1年生の孫は学童に入るのも大変。もっと市民優先の政治を実現するために、前島さんには市長になってほしい」と語りました。

(「しんぶん赤旗」5月20日付より)

●安倍政権にノーと言える前島さんこそ市長に 無所属の元大宮市議・栗原公喬さんの訴え

さいたま市長選(21日投票)で、前島ひでお候補(648=無所属新、日本共産党推薦を応援した、無所属の元大宮市議・栗原公喬(きみたか)さん(74)の訴えを紹介します。(13日、大宮駅東口)

この間、いろいろな選挙に関わりましたのが、私なりの政治活動の中心、ここだけは守らなければということが平和です。私は父親を先の戦争でなくしています。国家権力が個人を死なせてしまう。日本があの戦争から得たものは平和です。それを何としても守らなければならないと使命のように思ってきました。

前島さんとは市民活動を通じて二十数年のお付き合いがありますが、憲法を大事にし、平和を守る、ここは完全に共通しているわけで、このことだけでも応援する価値があります。

日本はこの2、3年、異常事態だと申し上げていいと思います。多少の波風があるにしても戦後70年以上、平和憲法に守られて、平和で自由な生活をしてきた日本が、戦前に向かって回帰している。声をあげなければ取り返しがつかなくなると考えています。

市長選もそうですが、どんな選挙でも有権者が国の異常な流れに対してノーという意思表示をすることは、権利の行使としてできるわけです。選挙はいろいろな争点がありますが、平和を明確に主張する、今の国のあり方にノーだと言う候補が第一ではないでしょうか。その意味では、3人の候補の中では前島候補に入れるしかありません。

安全な市民社会をつくりますと言っても、大前提となる平和が崩れてしまったら、何にもならない。ですから、憲法を守る、安倍政権に対して明確にノーと言える方を選ぶのが大事だと思います。

(「しんぶん赤旗」5月17日付より)