●地域の公的病院守れ 久喜でシンポ

埼玉県北東部の利根市地域の医療や介護、福祉を考えるシンポジウムがこのほど、久喜市で開かれ、120人が参加しました。
同市では、医師不足などが原因で昨年、公的病院の厚生連・久喜総合病院が民間譲渡されたほか、済生会栗橋病院の急性期病床の加須市への移転が計画されるなど地域医療への市民の不安が広がっています。
 発言した「済生会粟橋病院の存置存続を求める市民会議」の梅沢佳一事務局長は、市民をあげて同病院の移転反対に取り組んでいることを報告。済生会本部が移転を決定するまで今後1年以上かけて調査を行うとしていることから「移転は決まっていない。市内で唯一の公的病院を残すために運動を進めたい」と語りました。
日本共産党の石田利春市議は「現地存続のために、久喜市は済生会栗橋病院への支援内容を具体的に示すべきだ」と述べました。
コーディネーターの本田宏医師は、埼玉県の医師不足の実態を語り、医師の抜本増員や医療補助職員の充実を訴えました。
シンポジウムに先立ち、三重短期大学の長友薫輝教授が、病院の合併・買収に見られる医療の市場化と医療費抑制政策について講演。医療の市場化は「健康格差」を拡大さると指摘し、住民参加で、まちづくりの視点から医療整備を進めるべきだと語りました。
(「しんぶん赤旗」6月28日付より)

●新配水池建設ストップへ 水道問題を考える会が町民集会 小鹿野町

水道事業広域化による町の浄水場の廃止に反対している埼玉県小鹿野町の住民団体「水道問題を考える会」(水村健治代表)は19日、水道施設の統廃合計画の要となる新配水池建設をストップさせようと町民集会を開き、約50人が参加しました。

小鹿野町を含む秩父郡1市4町の水道事業は2016年4月、秩父広域市町村圏組合の事業に統合されました。広域化による施設統廃合で、同町では「小鹿野浄水場」などを廃止し、代わりに秩父市の荒川から取水した水を町に配水する計画があり、配水池の新設が進められています。

集会で「考える会」は、「広域化事業の3分の1は国の補助金が出る」という統合前の町の説明に対し、16年度は予定額の65%しか国の補助が出なかったことなど、町民への約束違反が起きていると指摘しました。

参加者は「広域化の前提が崩れている」「浄水場を廃止した後、荒川から取水できない事態が起きたら取り返しがつかない」「広域化が民営化につながらないかと不安」などと話し合いました。

集会は、▽小鹿野浄水場の継続保全▽秩父ミユーズパーク配水池建設の中止▽国庫補助金減額などの説明責任を果たすこと―を町に求める決議を採択。町長や町議への公開質問や町民に問題を知らせる宣伝など、活動方針を確認しました。

(「しんぶん赤旗」4月26日付より)

●悪政打開 市民+野党で 「オール1区連絡会」が講演と交流の集い 4野党代表あいさつ

市民と野党の共闘の前進へ手をつないだ、「オール1区」の会と地域代表と野党代表=11日、さいたま市

さいたま市で11日、市民の力で野党共闘を前進させようと、「講演と交流―埼玉1区のつどい」が開かれ、220人が参加しました。「安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール1区連絡会」が主催しました。

山ロ二郎法政大学教授が講演。安倍政権のもとで、民主主義が破壊され政治の劣化が危機的状況になっていると指摘し、打開の突破口としての野党共闘の重要性を語りました。

日本共産党、民進党、自由党、社民党の各代表があいさつしました。

共産党の、とばめぐみ衆院埼玉1区候補は「安倍政権に対し、野党4党が本気で力を合わせなければならないと固く決意しています」と語りました。

社民党県連の佐藤征治郎代表と自由党県連の松崎哲久代表も野党共闘を前進させると表明。民進党の武正公一衆院議員の秘書が出席し、武正氏のメッセージを代読しました。

参加者の意見交流では、つどいに向けて、無党派や野党のポスターを貼っている家庭などに300枚の告知ポスターを貼りだした「オール緑区の会」の報告や、「学費値下げ・給付制奨学金拡充などの要求を掲げて野党共闘を進めたい」とした若者の発言がありました。

「オール埼玉総行動」の小出重義実行委委員長があいさつしました。

(「しんぶん赤旗」3月17日付より)

 

18歳までの医療費無料化 2市4町に広がる

長瀞町はことし10月以降に子ども医療費無料化を18歳まで引き上げ、窓口無料の地域も従来の秩父郡市にくわえ、深谷市、寄居町でも実施する予定です。これは、ことしの3月議会で日本共産党の田村勉町議の質問に町長が明らかにしたものです。

これによって、18歳までの医療費無料化は市段階では、新座市、朝霞市(入院のみ)、町段階では、滑川町、越生町、寄居町、長瀞町の2市4町に広がります。

「石綿材使用を」と指示 教諭急死 元市建築課長が証言/さいたま地裁

埼玉県戸田市立小学校の教諭だった四條昇さん=当時(54)=が、2007年に、がんの一種の中皮腫を発症して急死したのは、校舎のアスベスト含有建材が原因だったとして、公務災害の認定を求めた裁判の口頭弁論が17日、さいたま地裁で開かれました。

弁論では、四條さんが勤務していた1980年代の小学校の様子を知る元教諭や児童、市職員らの証人尋問を行いました。

元教諭や児童は、当時、アスベストが使われていたと原告が主張する階段裏天井はボロボロで、手で表面をはがせる状態だったと証言。日本共産党の元市議は地域政治新聞「民主戸田」の1987年の号に同小でアスベスト除去工事が行われる予定であるとする記事を、元市教職員組合の役員は、同年の組合機関紙に「除去工事が行われた」とする記事を、いずれも市教委の回答を得て掲載したと証言し、同小にアスベストが存在していたと述べました。

元市建築課課長は、昭和50年代に市の建築設計で、アスベストを含む吹きつけ材の使用を積極的に支持していたと明かしました。

昇さんの妻、延子さん(63)も証言に立ち、「アスベストが最愛の人の命を奪う危険なものだと知ってほしい。裁判が被害を防ぐきっかけになってほしい」と訴えました。

(しんぶん赤旗2016年2月21日付より)

新座市議、皆野町議選で7氏全員当選 党議席の値打ちに期待

埼玉県の新座市と皆野町の議会選挙が14日に投開票され、日本共産党の候補者7氏は全員が当選しました。

 

新座 過去最多得票

新座市議選(定数26、立候補33人)では、笠原進(67)、工藤薫(66)、小野大輔(36)、芦野修(47)=以上現=、石島陽子(53)=前=、辻実樹(39)=新=の6氏が当選し、前回獲得議席を維持しました。6氏は合計で1万566票(得票率20.25%)を獲得。公明党の共産党攻撃を打ち破って前回の8446票(同16.52%)から大きく伸ばし、得票数は過去最多となりました。

6氏は、米軍大和田通信基地を抱える新座市から「戦争法ノーの声を」と強調し、国民健康保険税・介護保険料の引き下げ、認可保育所の増設などを公約。18歳までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置などの実績を語り、共産党の6議席の値打ちを強調しました。

元創価学会員から「安倍政権や公明党のやり方は許せない。今度は共産党に入れます」との声が寄せられるなど、幅広い市民の期待が広がりました。

 

皆野 福祉充実掲げ2位

皆野町議選(定数12、立候補13人)では、常山知子氏(67)=現=が640票(得票率10.86%)を得て2位で当選し、現有議席を確保しました。

常山氏は、「安倍政権の暴走ストップの流れを皆野町から」と強調。町民アンケートをもとに、公共交通の拡充、高校卒業までの医療費無料化、国民健康保険税の負担軽減などの実現を掲げてたたかいました。

(しんぶん赤旗2016年2月16日付より)

住民の声町政に生かす 埼玉・皆野町議選告示 常山候補訴え

9日告示(14日投票)された埼玉県皆野町議選(定数12)に2期目をめざして立候補した日本共産党の常山知子候補(67)=現=は第一声で、町民の暮らしを守り、声を生かした希望のもてる町政の実現へ全力をあげる決意を語りました。

常山候補は、昨年7月から戦争法廃止へ毎週スタンディングに取り組んできたことを語り「戦争できる国にかじを切った『アベ政治』を許すわけにはいきません。平和の願いを私に託してください」と強調。共産党が実施した町民アンケートをうけて、誰もが低額で利用できる交通手段の確保・充実や子育て支援の充実、税負担の軽減などを掲げ、「町民の声を議会に届け、要求実現へ全力をあげます」と訴えました。

柴岡祐馬北部地区委員長や埼玉土建秩父支部建設後援会、秩父生協病院の代表、地元住民が応援のマイクを握り、「常山候補は議会になくてはならない人。何としても押し上げよう」などと呼びかけました。

町議会には、常山候補のほかに、新社会党1、無所属11の計13人が立候補し、1人はみ出しの少数激戦です。

(しんぶん赤旗2016年2月10日付より)

6人全員の当選必ず/埼玉・新座市議選告示 暮らし守る市政へ

7日告示(14日投票)された埼玉県新座市議選(定数26)で、前回獲得6議席の確保をめざす日本共産党の笠原すすむ(67)、工藤かおる(66)、小野だいすけ(36)、あしの修(47)=以上現=、石島よう子(53)=前=、つじみき(39)=新=の6候補は、前回の1.5倍の大幅得票増で全員当選を勝ち取り、国も市も暮らしと平和を守る政治へ変えようと訴えました。

6候補は、市内の米軍大和田通信基地や隣接する朝霞市の陸上自衛隊朝霞駐屯地などの危険性を指摘し、新座市から戦争法廃止の声をあげ「『憲法守れ』『平和を守れ』の願いを共産党に託してください」と強調。国民健康保険税の値上げなど市民に負担を押し付けてきた現市政と自民系、公明党などを批判し、「大型公共事業にストップをかけ、市民の暮らしを応援する政治を実現します」と訴えます。

塩川鉄也、梅村さえこの両衆院議員、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が応援に駆け付け、北朝鮮のミサイル発射について「断固糾弾し、国際社会が一致してこの無法を許さない取り組みを進めることを求める」と強調。「18歳までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置などを実現してきた共産党の6議席を何としても」と呼びかけました。

市議選には6候補のほかに、公明党7、おおさか維新の会1、諸派1、無所属18の計33人が立候補し、7人はみ出しの多数激戦です。公明党は反共攻撃を強めています。

(しんぶん赤旗2016年2月9日付より)

埼玉・宮代町議選 現職2氏が当選 公約実現へ全力

=2016年2月7日、宮代町

=2016年2月7日、宮代町

7日投開票された埼玉県宮代町議選(定数14、立候補16人)で日本共産党は、丸藤栄一(64)、山下秋夫(65)の現職2氏が当選し、現有議席を確保しました。

丸藤、山下両氏は「戦争法廃止、暮らしを守ってほしいという願いを共産党に託してほしい」と訴え、国民健康保険税引き下げや小中学校全教室へのエアコン設置、町外医療機関での子ども医療費窓口払い撤廃などの政策を語りました。

共産党は「公約実現に全力をあげる」としています。

 

◆埼玉県宮代町議選(定数14、立候補16人)

当 山下秋夫 65現 854票(6位)

当 丸藤栄一 64現 687票(11位)

議席占有率 14.29%

投票率 48.64%

 

(しんぶん赤旗2016年2月9日付より)

埼玉・新座市議選 国保税引き下げを 6候補全員当選めざす

右から笠原、工藤、石島、つじ、小野、あしのの各候補

右から笠原、工藤、石島、つじ、小野、あしのの各候補

7日に告示(14日投票)される埼玉県新座市議選(定数26)で、日本共産党は笠原すすむ(67)、工藤かおる(66)、小野だいすけ(36)、あしの修(47)=以上現=、石島よう子(53)=前=、つじみき(39)=新=の6候補の全員当選をめざします。

共産党が実施した市民アンケートでは、市政で力を入れてほしいことは「国民健康保険税・介護保険料の引き下げ」が1位(68%)。10~30代では、41%の人が「保育所の増設・保育料の引き下げ」をあげています。

須田健治市長は、2014年3月議会で国保会計が赤字になる見込みだとして、国保税の1世帯1万円の値上げを提案し、自民系会派や公明党などの賛成で成立しました。ところが、14年度決算審査で国保会計は約2億円の黒字で、総額で13億円以上の財源があることが明らかになりました。共産党市議団は「値上げの必要はなかったのだから、元の税率に戻すべきだ」と、国保税引き下げの条例案を提案しましたが、自民系、公明などは反対して否決しました。

4年間で二度の介護保険料値上げや下水道料金の値上げにも、自民系、公明などはすべて賛成してきました。

昨年、市は18歳までの医療費無料制度や保育料、住宅リフォーム助成制度など市民サービスの縮小・削減を検討。共産党市議団は9月議会で「100億円もの土地区画整理事業など不要不急の大型事業を見直さず、福祉を切り捨てることは許されない」と追及し、市民とともに1986人分の署名を集めて計画を撤回させました。

6候補は、戦争法廃止へ超党派で「オール新座」の運動に取り組んでいることや、18歳までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置などの実績を強調。国保税・介護保険料の引き下げ、特別養護老人ホーム・認可保育所の増設などを掲げ、「共産党の6議席で市民の暮らしと平和を守ります」と訴えています。

市議選は、現職22人、元職4人に加え新人7~10人の立候補が見込まれ、駅頭ではすでに各候補が入り乱れるなど激しい選挙戦になっています。現有7議席をめざす公明党は、「公明党は軽減税率を実現した。それに反対したのが共産党だ」などと反共攻撃を強めています。

(しんぶん赤旗2016年2月3日付より)