●入間市議選 4市全員当選 暮らしと平和守る公約に支持


当選を喜ぶ(左から)佐藤、安藤、(一人おいて)吉沢、小出の4氏=入間市

12日投開票された埼玉県入間市議選(定数22、立候補27人)で、日本共産党は、安道佳子(60)、吉沢かつら(40)、小出亘(54)=以上現=、佐藤匡(57)=新=の4人全員が当選し、改選比1議席増で、前回獲得した4議席を確保しました。共産党4人の得票合計は7055票(得票率14.74%)で、前回(6392票、13.16%)を数・率ともに上回りました。

共産党は、安倍暴走政治に正面から対決し、野党共闘を前進させるためにも4人の議員団を確立することがどうしても必要だと主張。航空自衛隊入間基地拡張ストップや、国民健康保険税の引き下げ、字校紿食費半額補助など、暮らしと平和を守る公約を掲げてたたかいました。

「安倍首相だけは許せない。今度は共産党に入れる」と保守的な立場の市民からも、期待の声が寄せられるなど支持が広がりました。

公明党は増減なしの4人、民進党は1人落選、2人が当選、自民党は推薦した現職が1人落選しました。

(「しんぶん赤旗」3月14日付より)