●富士見市議選4氏必ず 塩川衆院議員迎え演説会


埼玉県富士見市の日本共産党は11日告示(26日投票)の市議選(定数21)勝利へ、塩川鉄也衆院議員を迎えて演説会を開きました。-

川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=、木村くにのり(47)=新=の4候補が決意表明しました。

4候補は、市民と力をあわ昨年の台風9号で浸水被害を受けた民間認可保育園への市独自の改修費補助や災害見舞金の増額、発達障害などのある子どもたちが特別の指導を受ける通級指導教室の増設などを実現したと報告。環太平洋連携協定(TPP)調印・批准反対など、市民の願いにこたえる多くの意見書を可決させてきた共産党の4議席の値打ちを強調し「市民の声と運動が政治を動かします。4人全員の当選で、安倍暴走政治に厳しい審判を下しましよう」と訴えました。

塩川氏は、台風9号彼害の問題で、被災者のことを第一に支援策の拡充をと、市に正面から追ってきたのが共産党市議団だと指摘。「ぎたる解散・総選挙では野党共闘の勝利と共産党の躍進で安倍政権を退陣させ、市議選では市民要求実現のたに4人全員の当選を」と呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」3月15日付より)