●国保税引き下げこそ 富士見市議選4候補が全力 26日投票


埼玉県富士見市議選(定数21、立候補28人) は26曰、大激戦のまま投票日を迎えます。日本共産党は、川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=、木村くにのり(47)=新=の4候補の金員当選へ、全力をあげています。

4候補は、26億円もの財政調整基金の活用など財源も示して、国民健康保険税の引き下げ、18歳までの医療費無料化、市民総合体育館利用料の値上げ中止などの政策を訴えています。

4候補の「安倍政権ノーの審判を富士見から」「暮らしを守る願いを共産党に」との訴えに期待と共感が寄せられ、市民から「うそばかりの安倍政権は許せない。共産党が先頭に立たないと政治は変わらない」「国保税が本当に高い。引き下げる政策をやってほしい」などの声が寄せられています。公明党支持者からも「今度は共新産党に入れる」との反応がありました。

一方で、市議会各会派が議席増を狙い、維新も議席確保をめざすなかで、1票を争う大激戦・大接戦となっています。党選対は「折り入って作戦」で担い手を広げ、「全有権者規模での宣伝と対話・支持拡大を」と呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」3月25日付より)