●桶川市議補選16日投票 星野のりじ候補が全力 「市民の声が生きる市政、議席増で」


星野のりじ候補

9日告示(16日投票)された埼玉県桶川市議補選(定数1)に立候補した日本共産党の星野のりじ候補(77)=新=は、前原かづえ県議の応援を受けて第一声をあげました。

星野氏は「二度と戦争を繰り返してはならない」という信念で高校教諭を38年間務め、退職後も憲法を守る運動に尽力してきたと語り、「憲法を生かしたまちづくりを進めます」と訴えました。
現市政について、大規模事業に多額の予算をつぎ込む一方で、福祉や教育の予算は圧迫され、安倍政権のもとでの医療や社会保障の改悪を、そのまま市政に持ち込んでいると批判。「市民が主人公の市政に転換します」と訴え、保育所・小中学校の学校給食無料化や18歳までの医療費無料化、国民健康保険税・介護保険料引き下げ、JR桶川駅東口へのエレベーター、トイレ設置などの公約を掲げました。
前原県議は「星野さんの当選で共産党の議席が2から3になれば、市民の声を市政に届ける大きなパイプ役になります。安倍暴走政治ノーの市民の意思を示す絶好のチャンスです」と語りました。
市議補選は、星野氏と無所属2人の3人による争いです。

(「しんぶん赤旗」4月11日付より)