●前島ひでお氏が事務所開き 5月7日告示 さいたま市長選


市長選勝利へ決意を語る前島ひでお候補=14日、さいたま市

さいたま市長選(5月7日告示、21日投票)に立候補表明している「みんなのさいたま市をつくる会」の前島ひでお氏(64)=新、日本共産党推薦=の事務所開きが14日、JR浦和駅西口近くの事務所で行われ、約200人が参加しました。

決意表明した前島氏は清水勇人市長の市政について「二つの民主主義の危機がある」とし指摘。①ビッグイベントや駅周辺開発に税金をつぎ込む一方で、保育や教育、市民生活の基盤整備は遅れている②安保法制=戦争法を強行した安倍暴走政治に物を言わない―と批判しました。

前島氏は「民主主義、市民の危機を乗り越え、市政を刷新して、あったかい、市民のための市政を実現します」と力を込めて訴えました。

市民団体や労働組合の代表が前島氏を激励し、共産党の荻原初男県委員長は「暮らし、福祉最優先を掲げる前島さんの勝利は市民に希望を与え、安倍暴走政治ストップの流れを進めます。政治は変えられるという希望を前島さんの勝利で全国に発信しよう」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)