●飯能市議選23日投票 金子・山田・新井・滝沢の4候補が全力 税金は市民のために


16日告示(23日投票)された埼玉県飯能市議選(定数19、立候補26人)に立候補した、日本共産党の金子としえ(61)、山田とし子(69)、新井たくみ(61)、滝沢おさむ(61)の現職4候補は告示第一声で、「市民のくらし・いのちを守る市政の実現へ頑張ります」と訴えました。

4候補は、自民系や公明の議員が中学卒業までの医療費無料化に「財政が破綻する」などと反対し、実施を1年遅らせたことを批判。財政調整基金には18億円の貯金があることを指摘し、国民健康保険税・介護保険料の引き下げ、保育所の待機児童ゼロ、学校給食費の無料化、デマンドバス・循環ワゴンなど市民の足の確保を実現すると述べ、「市民の税金を市民のくらし・福祉のために使う仕事を、共産党にやらせてください」と呼びかけました。

塩川鉄也衆院議員、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、柳下礼子県議が応援に駆けつけました。塩川氏は「共産党は、安倍暴走政治にストップをかけ、新しい政治の流れを起こす要。共産党の4人全員の当選で、安倍政治ノーの審判を」と呼びかけました。

市議選は、共産4、公明3、民進1、維新1、無所属17の計26人が立候補し、7人はみ出しの多数激戦です。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)