●三郷市議選 いなば、工藤、さとう、深川の4候補の訴えから


埼玉県三郷市議選(定数24)が16日告示(23日投票)でたたかわれます。日本共産党は現職2、新人2の4候補が改選時比1増の、前回選挙で獲得した4議席の確保をめざします。7日に行われた党街頭演説での.4候補の訴え(要旨)を紹介します。

共産党に「3つの宝」
いなば春男候補(69)現

共産党は、「3つの玉」を持っています。
第一は市民のみなさんの声を市政に届けるということです。たとえば、小中学校へのクーラー(エアコン)設置を求めて、私たちは約6000人分の署名を集めて、市に提出しました。その結果、全学校にクーラーが入ったのです。
二つ目は、国言いなりの市政に対し、「一番身近な地方自治体は、きちんと国に対してものを言う政治にせよ」という立場で、ずっと運動してきました。
三つ目は、私たちは、常に「住民のみなさんが主人公」という立場で、議会で質問し、運動してきたことです。このようなすばらしい宝を持っている共産党の候補者をみなさんの力で(議会に)送ってください。

命と暮らし最優先に
工藤ちか子候補(55)現

私は看護師を経験し、2期8年間、「看護師の心を市政に」をモットーに活動してきました。安倍政権による社会保障費の引き下げは、市民・国民のみなさんに負担を押し付けています。憲法25条をないがしろにし、個人の尊厳を踏みにじる安倍政治を、許すわけにはいきません。私は、福祉や医療・介護を少しでも良くしていきたい。
共産党はこれまで、市民のみなさんの声を集めて実現のために力をあわせてきました。特別養護老人ホームの増設や保育所の定員増などを実現し、介護保険料を周辺自治体よりも低く抑えることもできました。
共産議員団を3から4人に増やし、市民の命と暮らし最優先の市政に転換させるため、金力を尽くします。

人を大切にする政治
さとうともひろ候補(37)新

私は、かつて原子力務研究所のエンジニアでこした。しかし、福島での原発事故で、国民が大切にされていないことに矛盾を感じ、転職を決意しました。
そして、「人を大切にしている職場だから」と病院勤務を希望し、三郷市の病院で勤務することになりましまた。
そこで医療や介護などの問題に触れるうちに、問題の根本には政治があることを知りました。日本共産党は、私に政治に関わるチャンスを与えてくれました。
(議会では)国民健康保険税の1世帯1万円引き下げなどに加え、原発エネルギーに頼らない自然エネルギー政策などを取り上げ、災害に強く、暮らしやすいまちづくりをめざします。

9条を守りたいから
深川ともか候補(35)新

私は十数年前、イラク攻撃に反対する集会に誘われて参加し、戦争で犠牲になるのは、多くが罪のない一般の市民だと知り胸を痛ためました。
二度と戦争をしないと誓った憲法9条を守りたいと思い、戦前かの戦争反対を貫いてきた日本共産党に入りました。
国会前にも足を運び、戦争法などに反対の声をあげましたが、国民の声を無視する政治に、やりきれない怒りを感じていました。
「おかしいごとを『おかしい』と言えなくなるのは嫌だとの思いで、市議選への立候補を決意しました。
三郷市は、大型開発が進む一方で、中小業者が減っています。子どもやお年寄りに優しく若者が輝くまちづくりをめざします。
(「しんぶん赤旗」7月12日付より)