●三郷市議選 4氏全員当選 暮らし優先に期待・共感


23日投開票された埼玉県三郷市議選(定数24、立候補31人)で、日本共産党は、稲葉春男(69)、工藤智加子(55)=以上現=、佐藤智仁(37)、深川智加(35)=以上新=の4氏が全員当選し、改選時比1増で、前回獲得した4議席を確保しました。

4氏の合計得票は6440票で、投票率が前回から大幅に下がるなか、得票率を0・86ポイント前進させました。

共産党は、同市上口の陸上競技場への大型ビジョン設置計画など、開発優先の税金の使い方を「市民の暮らし優先に転換する」と強調し、国民健康保険税の引き下げや学校給食費の無料化などの実現を訴えてたたかいました。市民からは「大型ビジョンをつくるお金があるなら、学校給食費を無料にしてほしい」などの声が寄せられ、共産党の政策に期待と共感が広がりました。

選挙結果を受けて4氏は、「掲げた公約実現に全力をあげます」と述べました。

 

【開票結果】

深川 智加(35)新 2009票 4位 当選

工藤智加子(55)現 1880票 10位 当選

佐藤 智仁(37)新 1386票 16位 当選

稲葉 春男(69)現 1165票 21位 当選

(「しんぶん赤旗」7月25日付より)