自共対決へベストチーム 埼玉15小選挙区候補を発表


総選挙勝利へ意気込みを語る(左から)荻原、塩川、梅村の各氏と小選挙区候補=2014年11月19日、埼玉県庁記者クラブ

総選挙勝利へ意気込みを語る(左から)荻原、塩川、梅村の各氏と小選挙区候補=2014年11月19日、埼玉県庁記者クラブ

埼玉県内15小選挙区すべてに候補者を擁立した日本共産党県委員会は県庁内で記者会見。

荻原初男県委員長は「安倍内閣と国民との矛盾が深まり、国民と共産党の運動が追い詰めた結果の解散です。総選挙の様相は自共対決。候補者はそれにふさわしいベストチームです」と語りました。

塩川鉄也、梅村さえこ両衆院比例北関東ブロック候補も同席し、塩川氏は、消費税増税の中止や格差を拡大した「アベノミクス」の撤回、「戦争する国づくり」のストップ、原発ゼロの社会実現などを訴えていくと述べ、「北関東では比例で2議席以上を確保し、小選挙区でも議席に挑戦するたたかいをしたい」と語りました。

梅村氏は、北関東ブロックは安倍内閣の「政治とカネ」問題の発祥地だと述べ「政党助成金を廃止し、『政治とカネ』問題に決着をつける」と語りました。(赤旗2014年11月20日付より)

 

日本共産党 衆院選埼玉小選挙区候補

日本共産党埼玉県委員会は19日、次期衆院選の小選挙区候補15人を発表しました。

■埼玉1区
松村としお(40)=新=
党県委員、党さいたま地区常任委員

■埼玉2区
おくだ智子(45)=新=
党南部地区委員、元鳩ヶ谷市議4期、埼玉県議1期

■埼玉3区
宮川まさゆき(39)=新=
党東部南地区常任委員、元越谷市議1期

■埼玉4区
桜井はる子(58)=新=
党県委員、党西部東地区常任委員、元志木市議4期

■埼玉5区
山本ゆう子(62)=新=
党5区くらし・教育相談室長

■埼玉6区
戸口佐一(64)=新=
党中部地区常任委員

■埼玉7区
長沼ちね(64)=新=
党県委員、党西部地区委員長

■埼玉8区
辻もとみ(43)=新=
党県委員、党西南地区委員長

■埼玉9区
広森すみ子(66)=新=
党西南地区委員、党狭山市委員長、狭山市議8期

■埼玉10区
石井ゆういち(63)=新=
党西部地区委員、党東松山市委員長

■埼玉11区
柴岡ゆうま(30)=新=
党准中央委員、党県委員、党北部地区委員長

■埼玉12区
鈴木ちか子(59)=新=
党県委員、党東部北地区副委員長、元北川辺町議5期

■埼玉13区
秋山文和(67)=新=
党東部北地区常任委員、党春日部市委員長、元春日部市議8期

■埼玉14区
苗村みつお(58)=新=
党県委員

■埼玉15区
田村つとむ(66)=新=
党県委員

 

※8区辻候補の漢字は、しんにょうの点1つが正しい表記です。