●埼玉・戸田市議選4氏全員当選 豊かな財政を暮らしに 


当選を喜ぶ(右2人目から)本田、花井、土屋、武藤の4氏。左端は梅村さえこ衆院議員=30日未明、埼玉県戸田市

埼玉県戸田市議選(定数26、立候補31人)は29日投開票され、日本共産党は花井伸子(61)、本田哲(44)=以上現=、土屋英美子(65)、武藤葉子(42)=以上新=の4氏が全員当選し、改選時比1増、前回議席獲得を果たしました。

市議選で共産党は、安倍暴走政治や市民負担増を強いる市政にストップをかける党市議団の役割を強調。県内一の市の財政力を生かして、介護保険料や国民健康保険税の引き下げ、駅駐輪場料金引き下げなどを実現し、JR埼京線の増便・終電延長、税金を使った議員の海外派遣中止を求めていくと公約に掲げてたたかいました。

開票結果を受けて共産党市委員会は「市民と野党の共闘が政治を動かす新しい時代です。新しい4人の市議団を先頭に、市民の願いに応えて全力で頑張ります」とした声明を発表しました。

(「しんぶん赤旗」1月31日付より)