住民大切にする町に/埼玉・小川町 党議席守る


9日投票された埼玉県小川町議選(定数16、立候補18人)で、日本共産党の笠原武氏(80)=元=は、1193票(得票率7.78%)を得て4位で当選し、現有議席を確保しました。

笠原氏は「戦争法案ストップ」「若者を戦場に送らない」と掲げ、子育て支援や高齢者福祉の充実で「子ども・若者・高齢者が大切にされる町政を実現する」と強調。若者の雇用対策や高校卒業までの医療費無料化、学校給食の無料化、デマンド(送迎)タクシーの早期実現などを訴えてたたかいました。

選挙結果をうけて、笠原氏は「公約実現のために全力を尽くします」と述べました。

公明党は現有2議席を確保したものの、得票数を132票減らしました。

(しんぶん赤旗2015年8月11日付より)