Q23 自民党や民主党のように、選挙の候補者を「公募」しないんですか


「政党として国民に責任が負わなければならない」からです。政党には綱領があり、綱領にもとづく政策があります。党員として守らなければならない規約があります。規約も「国民に責任を負う」「力をあわせて『国民が主人公』の政治と活動をすすめる」ための「規約」です。
 
綱領と規約をよく理解することは、国民の信頼をうけ、日本共産党の議員として頑張るうえでどうしても欠かせないことです。選挙を前に公募し、立候補するようなことではその保障がありません。つまり、国民にたいする責任が果たせないことになります。現に、民主党では、メール問題での永田議員のことで党は大混乱し、民主党への国民の信頼は揺らいでいます。自民党も杉村太藏議員のことではさんざん批判をあびました。マスコミが面白しろおかしくとりあげていますが、少なくとも「国民に責任を負う」政治活動にはなっていないことは明らかです。
 
それなのになぜ公募をするのかといえば、自分の党に国民に自信をもって推薦できる人物がいないことと、とにかく選挙に勝てればよし、勝つためには政策も何も問題にしないという政党としてはおよそ見識も責任もない立場にたっているからです。自民党と民主党の両方に公募して民主党の議員になった人物もいるほどです。