【さいたま市中央区】市議団11人実現 山崎候補が訴え


いっせい地方選勝利へ決意を語った(左から)山崎市議、紙参院議員=2014年5月25日、さいたま市

いっせい地方選勝利へ決意を語った(左から)山崎市議、紙参院議員=2014年5月25日、さいたま市

さいたま市の日本共産党中央区委員会と同区後援会は5月25日、市内で演説会を開き、来年いっせい地方選挙で同区(定数5)から立候補する山崎あきら候補が決意を語りました。

山崎氏は「市長は『都市間競争に勝ち抜く』といって企業誘致やイベントに多額の税金を投じる一方で、下水道料金大幅値上げなど市民負担増や福祉・サービスの切り捨てを行っている」と指摘。

予算組み替え提案など建設的対案を示し、市民目線で奮闘する党市議団の役割を強調し「11人の市議団を実現するために、何としても中央区で勝ち抜く」と訴えました。

紙智子参院議員が講演。消費税増税や集団的自衛権の行使容認など安倍政権の暴走について「一つひとつが国民と激突し、政党の中で対決できるのは共産党だけです」と語りました。

この間の地方選挙での共産党の前進に触れ、政党間の力関係の変化を攻勢的にとらえているところで躍進していると指摘して「市議団長の山崎さんのかけがえのない議席。みなさんの力で勝利しよう」と訴えました。(赤旗2014年6月3日付より)