【さいたま市】生徒募集の継続訴え 埼玉・大宮西高校保護者有志ら


さいたま市立大宮西高校(大宮区)の中高一貫制移行問題で、同校の卒業生保護者の有志4人が13日、「伝統ある大宮西校を廃校にしないで」と、542人分の署名を清水勇人市長と稲葉康久教育長あてに提出しました。

署名を提出する卒業生保護者=2014年6月13日、さいたま市

署名を提出する卒業生保護者=2014年6月13日、さいたま市

市は、大宮西高校を2019年度から中高一貫6年制の「中等教育学校」に移行し、17年度から生徒募集を停止して校名も変更する計画です。生徒や保護者からは「市教委は『伝統を継承する』というが、募集停止で空白期間が生じ、廃校と同じだ」と批判が噴出しました。また、同校の生徒有志が10日、募集の継続を求める署名を生徒970人中917人から集めて市に提出しています。

保護者有志の署名は、生徒たちの取り組みを応援するために卒業生や保護者、高校周辺の住民などから集めたもので、「生徒、保護者の意見をよく聞き、お互いが納得する方向に導くべきだ」として、▽大宮西高校の廃校をやめること▽生徒募集を継続することを求めています。(赤旗2014年6月17日付より)