【さいたま市】大宮西高校存続へ署名 市に卒業生父母ら


さいたま市立大宮西高校の存続を求め、卒業生父母の有志が19日、清水勇人市長と稲葉康久教育長あてに署名740人分(2次分)を提出しました。署名は1次分とあわせて1200人分を超えています。

市は、2017年度から同校の生徒募集を停止し、19年度から校名を変更し、中高一貫の「中等教育学校」に移行する計画に移行する計画です。16年度入学生の卒業後に一貫校の生徒が入学し、新旧の生徒が完全に切り離される空白期間が生じることから、「実質廃校と同じだ」と生徒らも市に募集継続を求め、9割を超える在校生が署名するなど、批判の声が上がっていました。

署名を集めた有志の一人で、3人の息子が同校に通ったという原冨まり子さん(66)は「穏やかな校風で、先生と保護者も仲が良く、部活や行事も活発で良い学校だった」と話します。「孫が大宮西校の野球部に入っているからと、2日間で200人以上から署名を集めてくれた人がいるなど、短期間で本当に多くの署名が集まった。生徒たちを応援するためにがんばりたい」と語りました。(赤旗2014年6月25日付より)