【さいたま市】福祉の心さいたま市政に 西区で党演説会 紙議員が応援


聴衆の声援に応える大塚市議候補(右)と紙参院議員=2014年10月13日、さいたま市

聴衆の声援に応える大塚市議候補(右)と紙参院議員=2014年10月13日、さいたま市

大塚候補訴え

さいたま市西区で13日、日本共産党演説会が紙智子参院議員を迎えて開かれ、来年のいっせい地方選挙のさいたま市議選西区選挙区(定数4)で山城屋せき市議の議席を引き継ごうと奮闘している大塚たけひで候補(39)=新=が決意を語りました。市議選で共産党は現有7議席から11議席への躍進をめざしています。

大塚氏は介護施設で働いてきた経験から、多くの高齢者が生活困難な状況に置かれている実態を語り「大企業・大金持ち優先の社会を見直し、まじめに生きている人たちが安心して暮らせる社会をつくります。山城屋市議の議席を引き継いで市政に『福祉の心』を届けます」と力を込めました。

山城屋市議は、豊かな財政を市民要求のために使わず、市民に負担増ばかり押しつける市政と対決する共産党の議席の値打ちを語り「暮らしを守り、生活基盤の整備を進めるために、大塚さんを何としても市議会に」と訴えました。

紙参院議員は、県議会、市議会で、住民の願い実現に奮闘する共産党議員団の活動を紹介し「安倍政権の暴走政治を許さないという流れをつくり出し、県政・市政を暮らし、福祉優先に切り替えるため、共産党を大きくしてください」と訴えました。(赤旗2014年10月16日付より)