【日高市】国保税の引き下げ切実


佐藤候補(右)と塩川衆院議員=2015年3月14日、日高市

佐藤候補(右)と塩川衆院議員=2015年3月14日、日高市

埼玉県日高市で14日、市議選(4月19日告示・26日投票、定数16、2減、現有1)勝利へ向けた日本共産党演説会が開かれ、佐藤まこと候補(49)=新=が、伊藤勉市議の議席を引き継ぐ決意を表明し、「市民の願いを届ける議席を必ず」と訴えました。

佐藤候補は、対話やアンケートで寄せられた「資格がなく経済的に不安。税金や国保税が増税されたら暮らしが成り立たない」(非正規、男性)などの市民の切実な声を紹介。「社会的に弱い立場の人が安心して生活できるようにします」と述べ、国保税や介護保険料の引き下げなどの公約を訴えました。

伊藤市議は「共産党の議席を継続するために何としても佐藤さんを議会に」と訴えました。

塩川鉄也衆院議員は、保育料の一部減免やゴミ有料化ストップなどの共産党の実績を語り「暮らしを守る仕事、今度は佐藤さんにさせてください」と訴えました。(赤旗2015年3月19日付より)