【加須市】被災者救済へ力発揮


(左から)おいかわ、小坂、塩川、松本、さえきの各氏=2015年3月22日、加須市

(左から)おいかわ、小坂、塩川、松本、さえきの各氏=2015年3月22日、加須市

4月19日告示、26日投票の埼玉県加須市議選(定数28、4減)で、日本共産党の小坂とくぞう(65)、松本ひで子(67)、おいかわ和子(59)、さえき由恵(56)の現職4候補の勝利をめざす演説会が22日、塩川鉄也衆院議員を迎えて市内で開かれました。

市議選は、共産4、公明4、民主2、無所属22の計32人の立候補が見込まれています。

小坂市議団長は、消費税増税や米価暴落など、安倍暴走政治の影響で市民の収入は1世帯あたり年間13万円も減ると指摘。市議選で、「暴走政治ストップ、暮らし・福祉優先の市政」の実現をめざす決意を語りました。

東日本大震災の時、党市議団の被災者救済提案を市議会は否決したものの、直後に市長が同じ内容の救済策を予算化するなど、党の提案が威力を発揮したことを報告。「4人の市議団を再び働かせてほしい」と訴えました。

塩川議員は、安倍政権が「戦争する国づくり」の法制化を、いっせい地方選後に狙っていると批判。「『戦争立法』を許さないという審判を、市議選の勝利で下そう」と訴えました。(赤旗2015年3月26日付より)