埼玉・新座市の「慰安婦」展拒否/党市議ら撤回求める 教育長と面会


市教委(手前)から事情を聞く党市議団と石島氏(正面左から2人目)=2015年3月25日、新座市

市教委(手前)から事情を聞く党市議団と石島氏(正面左から2人目)=2015年3月25日、新座市

埼玉県新座市の「にいざジェンダー平等ネットワーク」が市施設のふるさと新座館ロビーで企画した「中学生のための慰安婦展」(3月27日~4月7日)について、新座市教育委員会がロビーの利用を認めなかった問題で25日、日本共産党市議団(笠原すすむ団長、5人)は市役所で金子広志教育長に面会を求め、事実経過を確認しました。石島よう子県政対策委員長(県議予定候補)が同席しました。

金子教育長は「ロビーは、人通りが多くふさわしくない。会議室で行ってほしいと伝えてある。中学生や子どもがこのような展示を見て、帰宅して親に聞かれても困る。『慰安婦』は教科書にも指導要領にも載っていない」などと述べました。

笠原団長は「展示の内容が『慰安婦』で、世論が二分する問題だから好ましくないという教委の見解は、正しくない。市民の知る権利、市民の表現の自由にかかわります」と指摘。

石島氏は「今、戦争の実態を隠そうという流れがあり、埼玉の平和資料館も『慰安婦』や加害の歴史を省いています」と述べ、市教委に再考を強く求めました。

市議団は、展示を認めるよう、27日に改めて市教委に申し入れることにしています。(赤旗2015年3月26日付より)