若者の定住進める/埼玉・越生町議選 かんべ候補第一声


第一声をあげる、かんべ候補=2015年7月7日、越生町

第一声をあげる、かんべ候補=2015年7月7日、越生町

7日告示した埼玉県越生(おごせ)町議選(12日投票)で、かんべ光治候補(68)=現=は10選をめざして第一声をあげました。

かんべ候補は「『戦争だけは絶対にしない』という戦後の日本人が打ち立てた魂を実現するために、『戦争法案』の阻止に全力をあげると力説しました。

町政では、子ども医療費の高校卒業までの無料化などを実現して子育て支援を前進させてきたと述べたうえで、「若者の定住を促進するさらなる施策が必要だ」と強調。町営住宅の改修・入居緩和や、新婚家庭の援助などを訴えました。

赤字経営の健康センター「ゆーうパーク」を改修し、特別養護老人ホームなど介護施設を整備すると提案。高すぎて払えないと声が聞かれる国民健康保険税や介護保険料の引き下げなどに力を尽くすと語りました。

定数11に、共産1、公明1、無所属13の15人が立候補。地域に足場を持つ有力者ぞろいです。共産党は、暮らしと平和を守る、かんべ候補を再び議会に送ろうと奮闘しています。

(しんぶん赤旗2015年7月8日付より)