〝安倍政権倒せる〟とワクワク


共産党・比例候補(北関東)おくだ智子さん

今度の選挙は野党が共闘して、市民と団結してたたかう歴史的な選挙です。市民と野党が団結して政治を変える〝さよなら安倍政権〟を、どうぞ一緒に実現しようではありませんか。

安倍首相は、今回の選挙をアベノミクス選挙だと言っています。とんでもありません。今度の選挙で一番問われているのは、戦争する国づくりを許すのか、平和憲法をしっかり守る政治を目指すのかではないでしょうか。昨年9月、安倍自公政権が強行した戦争法はどっからどう見ても憲法違反ではないですか。絶対に許すわけにはいきません。

日本が国から攻められてもいないのに、米国が起こした戦争に日本の若者が駆り出され、殺し殺される。これが戦争法の正体です。わたしも小学生の息子を育てる一人の母親です。誰の子どもも殺させない、戦争する国づくりは絶対に許さない、この思いでいっぱいです。

世界に誇れる日本国憲法は無傷で次の世代に引き継ごうではありませんか。そのためにも党を突くって94年、一貫して戦争反対を訴えてきた日本共産党を大きく伸ばしていただき、憲法破壊の安倍政権にはこの際、お引き取りを願おうではありませんか。

安倍政権を倒せると思うとワクワクする気持ちでいっぱいです。ぜひ選挙に行って政治を変えましょう。日本共産党が伸びれば政治はず変わります。ご一緒にチェンジしようではありませんか。(6月27日、埼玉県川口駅前の街頭宣伝)

(2016年7月7日付「しんぶん赤旗」より)