●介護・福祉職員処遇改善を 党埼玉県委など県に要望


img_4117%e2%98%85%e7%9c%8c%e4%ba%88%e7%ae%97%e8%a6%81%e6%9c%9b

上田知事(中央)に要望書を手渡す、柳下県議団長(その右隣)、大野書記長(同左)ら=14日、埼玉県庁

日本共産党埼玉県委員会と党県議団は14日、2017年度の県予算編成と施策について、上田清司知事に要望しました。大野辰男県書記長と柳下礼子、村岡正嗣、金子正江、秋山文和、前原かずえの各県議が出席しました。
要望は、航空自衛隊入間基地の増強に県として反対することや、介護、福祉、保育に携わる職員の処遇改善、防災対策の強化などを求めています。
柳下氏は「『戦争のできる国ずくり』ストップ」「国の社会保障切り捨て政策の防波堤に」の二つの柱で要望をつくったと説明し、医師不足の解消など埼玉県が抱える問題の解決へ努力してほしいと話しました。
上田氏は「弱者を救う共産党の指摘はいい部分も多い。私たちが見逃さないよう指摘してほしい」と述べました。
前原氏は、台風による水害で住民が被災し、国の支援制度の対象にならなかった世帯について、県・市町村の支援制度を適用するよう要請。上田氏は「市町村と相談したい」と答えました。
(「しんぶん赤旗」11月18日付より)