●「返済いらない奨学金を」 埼玉で青年デモ


img_4504%e2%98%85

「返済いらない奨学金を」と訴えてデモする若者ら=4日、さいたま市

埼玉県の学生・若者でつくる「Rights to Study@埼玉~本物の奨学金のための緊急行動」は4日、さいたま市の大宮駅周辺で、給付制奨学金の実現を求めるデモをおこないました。

音楽に乗せて「ローンにならない奨学金を、返済いらない奨学金を!」「教育は権利だ」「学ぶ権利に利子をつけるな」と軽快にコール。

デモ出発前のスピーチで、私立大学生の小沢結実さんは、奨学金を借りている学友の「留学をあきらめた」「アルバイトと節約に明け暮れる毎日」などの実態を語り、「お金の心配せずに学べる環境は平等に与えられるべきです。可能性を持つ若者を借金同然の奨学金で苦しめてはなりません」と訴えました。

日本共産党の柳下礼子県議や伊藤岳県民運動委員長、若手の地方議員も参加し、自由党の小沢一郎代表と社民党の佐藤征治郎県連代表がメッセージを寄せました。

(「しんぶん赤旗」12月5日付より)