●基地強化許さない レッドアクションに85人


安保法制(戦争法)に反対する女性たちの行動「戦争許さない女性のレッドアクションinさいたま」が18日、さいたま市で行われ、85人が参加しました。埼玉県庁からJR浦和駅前までパレードし、「戦争させない」「日本のどこにも基地はいらない」と唱和しました。

パレードに先立つ学習会で、オール沖縄会議共同代表の高里鈴代さんが講演し、高江のヘリパットや辺野古の新吉など米軍の強化に反対する運動の現状や、県民が米軍・軍属による犯罪に脅かされている実態を語りました。

高里さんは1995年の少女暴行事件から20年以上たっても女性への暴行事件が繰り返され、沖縄の基地負担軽減どころか、日本政府が積極的に関与するなかで基地強化が狙われていると批判。沖縄の米軍基地強化に反対することは、日本が軍拡の方向に進むことを阻止することだと指摘し、「埼玉からも反対の声をあげてほしい」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」1月21日付より)