●みんなで政治変える 越谷でリレートークに200人


多彩な市民と4野党が参加

埼玉県の「オール草加・越谷」(埼玉3区)連絡会は3月26日越谷市のJR南越谷駅前でリレートークを行い、200人以上が参加しました。

駅前には、「野党と市民の共闘で、一人ひとりを大切にする政治を実現しませんか」と書かれた大きなプラスターを並べてアピール。着ぐるみを着た参加者らが「みんなで政治を変えよう」とのメッセージボードを掲げ、ギターや合唱なども交えて宣伝しました。

リレートークでは、オール埼玉総行動や沖縄の新基地反対運動、「原発ゼロ」の運動に組む人たち、ダンスインストラクター、子育て中のママ、退職教員、女性団体、九条の会などの市民が「市民と野党の共闘で安倍政治を倒し、一人ひとりを大切にする政治を実現しよう」と、次つぎと訴えました。

日本共産党、民進党、自由党、社民党の代表や、草加、越谷両市の県議、市議会各会派のあいさつやメッセージが紹介されました。

足を止めてリレートークを聴いていく人や、「日本の政治 あなたの気になることは?」と題して取り組んだシール投票に参加する人が多くいました。

(「しんぶん赤旗」4月2日付より)