●埼玉4区の会 駅前で宣伝・署名 野党3党が参加


「市民が野党をつなぐ埼玉4区(朝霞、志山、和光、新座)の会」は10日夕方、東武東上線志木駅前(新座市、志木市)で、首相が憲法9条改悪を公言した安倍政権の打倒、「共謀罪」法案の廃案を求める街頭宣伝を行いました。

日本共産党、社民党、新社会党の各党から29人が参加し、共産党の朝賀ひでよし衆院埼玉4区候補らがリレートークで訴えながら「共謀罪」反対の署名を52人分集めました。

署名した人からは「安倍首相は怖い。何をするか分からない」「(共謀罪創設で)メールをのぞくなんてプーライバシーの侵害でしょ」などの声が寄せられました。

会は、15日に朝霞駅前、26日に和光市駅前でそれぞれ宣伝を行います。

(「しんぶん赤旗」5月13日付より)