本庄市議選 決起集会で柿沼候補決意


介護保険料負担軽減へ

埼玉県本庄市の日本共産党と後援会は9日、市議選(19日告示、26日投票、定数22)で柿沼あや子市議(61)の再選を目指す決起集会を同市内で開きました。

決意表明した柿沼氏は、市民の運動と力をあわせて、中学卒業までの医療費無料化や不公正な同和対策事業の廃止を実現したことや、小中学校へのエアコン設置が決まるなど、4年間の党の実績を強調。国民健康保険税の2回連続値上げや介護保険料の県下一の値上げを市民に押し付けてきた現市政を批判し、国保税・介護保険料の負担軽減、保育料の保護者負担軽減、住宅リフォーム助成の創設などの実現をめざすと訴えました。

情勢について報告した党県委員会の荻原初男書記長は、原発や環太平洋連携協定(TPP)、秘密保護法などの問題で一点共闘が広がり、自民党批判の受け皿政党がなくなるなかで、どの地域でも自共対決が始まっていると強調。市民の切実な願いに応えるために市議選をたたかうことを呼びかけ、「たたかいのなかで党員やしんぶん赤旗を拡大して党を強く大きくしよう」と訴えました。(赤旗2014年1月11日付より)