【富士見市】国保税値上げは必要なかった!


「民主ふじみ」8月23日付より
 
富士見市では、高すぎる国保税が、昨年7月から一層値上げされました。国保運営協議会で公表された昨年の国保会計決算案で、収入不足を補う「一般会計からの繰入金」が3億円以上減ったことがわかりました。
「不足額が前年に比べて1億3500万円増える」市の予想のもとに行われた国保税の値上げは、まったく必要なかったことが浮きぼりになりました。値上げ幅は年間所得100万円の3人世帯で9,800円というものでした。値上げに日本共産党、市民ネット、草の根が反対、自民系保守、公明、民主が賛成しました。