県民の声届けるおくだ候補の勝利を 埼玉県議補選 塩川氏訴え(要旨)


3月2日投票の埼玉県議補選南2区(定数2、立候補3人)で、日本共産党の塩川鉄也衆院議員は2月22日、おくだ智子候補(45)=新=とともに川口市のJR東川口駅北口で訴えました。その要旨を紹介します。


 

おくだ智子さんは、4期13年の(鳩ヶ谷)市議会議員の経験をもつ、試されずみの政治家です。6歳の男の子をお母さんとしても、子育てがしやすいまちづくりを全力でがんばってきました。

地域に学童や保育所の増設、学校給食の充実、子どもの医療費無料化制度の中学卒業までの拡大など、市民のみなさんと力を合わせて頑張ってきたのが、おくださんです。こういう力を県議会で大いに発揮していただこうではありませんか。

塩川衆院議員(左)の応援を受け、声援に応えるおくだ智子候補(右)=2014年2月22日、川口市

塩川衆院議員(左)の応援を受け、声援に応えるおくだ智子候補(右)=2014年2月22日、川口市

こう述べた塩川氏は、現県政を「地域の保健医療体制を弱めるような保健所の統廃合、高校の統廃合、重度心身障害者手当への所得制限導入などに血道をあげている」と批判。現県政と真正面から対決しつつ、建設的提案と県民との共同の力で県政を動かしてきた共産党県議団の実績にふれて、次のように話しました。

この間、災害が続いた埼玉県で、知事が被災者支援に後ろ向きの姿勢を改めることを強く迫ったのが共産党県議団です。この取り組みが県独自の被災者生活再建支援制度の創設につながりました。共産党の県議が増えることこそ、県民の願いに応える県政実現の一番の力です。

塩川氏は、安倍政権の暴走政治について、消費税増税と社会保障改悪、原発推進、集団的自衛権の行使容認などを例に詳しく解明。4月からの消費税増税の問題では「増税中止の願いをおくださんへ」と述べ、消費税増税に頼らない改革プランをこう語りました。

共産党は負担能力に応じた応能負担の原則を貫き、大企業応援の減税などを改めて、社会保障の財源を生み出します。中小企業支援と国民の所得を増やす改革で、経済の好循環実現のために、全力でがんばります。

最後に、塩川氏は次のように訴えました。

いま、国会で安倍暴走政治に正面から対決しているのが共産党です。この党を大きく伸ばすことが、政治の流れを変える大きな力になります。

県議会では、自民党もみんなの党の県議も事実上の与党です。国会でもみんなの党は準与党となっています。自民党やみんなの党の県議が増えても、みなさんの声は国政にも県政にも届きません。

安倍暴走政治に待ったをかけ、県民の声を国政、県政にしっかり届け、実現することができる候補者は共産党のおくだ智子さんだけです。ぜひとも県議会に送ってください。(赤旗2014年2月25日付より)