安倍暴走を止め、安心の埼玉へ全力 おくだ候補に期待


おくだ智子候補

おくだ智子候補

3月2日投票の埼玉県議補選南2区(川口市、定数2、立候補3人)で、日本共産党のおくだ智子候補(45)=新=は、「安倍政権の暴走政治にストップをかけ、県民の暮らし・福祉第一の県政実現を」と力強く訴え、連日奮闘しています。

補選には、おくだ氏のほか、安倍政権をささえる自民党と、自民党の補完政党となったみんなの党の候補が立候補。選挙戦は、国政でも県政でも悪政と正面から対決する日本共産党のおくだ氏と、悪政推進の自民・みんなの2候補との対決です。

おくだ氏は街頭演説で、消費税増税や原発再稼働、「戦争する国づくり」を進める安倍暴走政治を厳しく批判。「安倍政権の暴走を食い止めたいとの思いを託してください」と呼びかけています。

また、おくだ氏は「子育てしやすく、老後も安心して暮らせる県政の実現に全力をつくします」と表明。子ども医療費無料化制度の県費助成拡大、認可保育所の増設、少人数学級の実現などを公約に掲げ「2議席のうち1議席を、何としても私に勝ち取らせてください」と訴えています。

この間、おくだ氏の訴えに、「安倍政権は危ないからがんばって」「この3党なら共産党だ」「高齢者のくらしを守る政策があるのを見て、おくださんに決めた」など共感と期待が広がっています。

党と後援会は「勝利の扉を開くには、投票日を含む残りの期間の奮闘にかかっている」として、全党員に活動参加を呼びかけ、宣伝と対話・支持拡大に全力をあげています。

自民党は、国会議員らが応援に入る一方、候補者は街頭演説をほとんど行わず、徹底した組織戦を展開。みんなの党は、渡辺喜美代表ら幹部が連日応援に入るなど議席獲得に必死です。(赤旗2014年2月27日付より)