参院埼玉選挙区 伊藤氏を擁立


日本共産党埼玉県委員会は7日、2016年参院埼玉選挙区(定数3)に党県民運動委員長の伊藤岳氏(54)=新=を擁立すると発表しました。

伊藤氏の略歴

文教大学卒業。民青同盟県委員長、党さいたま地区副委員長などを経て、現在、党県委員会常任委員。10年、13年参院埼玉選挙区候補。

 

参院埼玉選挙区で勝利の決意を語る伊藤氏(左)と荻原氏=2014年3月7日、県庁内

参院埼玉選挙区で勝利の決意を語る伊藤氏(左)と荻原氏=2014年3月7日、県庁内

安倍暴走政治止める 参院埼玉選挙区 伊藤候補が決意

2016年参院選埼玉選挙区(改選数3)候補として発表された日本共産党の伊藤岳氏(54)=新=は7日の記者会見で「埼玉の共産党の議席獲得で安倍暴走政治をストップさせる」と決意を語りました。

伊藤氏は、2日の県議補選での勝利に触れて「参院埼玉選挙区でも議席を獲得し、自共対決時代にふさわしい位置を占めたい」と語りました。

伊藤氏は、原発ゼロや環太平洋連携協定(TPP)加入阻止、秘密保護法反対などの「一点共闘」が埼玉でも広がっていると述べ、「市民運動のなかからも安倍政権打倒の声があがっている。新しい市民・県民の運動を励まし、発展させる強力な国会議員団の一員として働けるよう全力をあげる」と表明しました。

同席した荻原初男党県委員会委員長代行は、「共産党が出番の情勢。なんとしても議席を勝ち取る」と強調。来年の県議選で8議席以上を獲得する目標を示し、「いっせい地方選挙で前進して参院選勝利の土台をつくる」と述べました。(赤旗2014年3月8日付より)