小鹿野町議会で「秘密法撤廃を」


埼玉県小鹿野町議会は10日、「特定秘密保護法の撤廃を求める意見書」を賛成多数で可決しました。

意見書は同法について「政府にとって都合の悪い情報を隠し、それを漏らしたり情報を知ろうとするものに重罰を科す」ものだとし、その目的を「国民の目と耳をふさぐことにあり、憲法改悪の先取りにほかなりません」と指摘しています。

また、同法が与党による強行採決で可決されたことを批判し、撤廃を求めています。(赤旗2014年3月26日付より)

 

関連リンク
特定秘密保護法の撤廃を求める意見書(PDF)/日本共産党北部地区委員会