【志木市】児童・生徒の4人に1人が「子ども医療費無料制度」受けられず


『新しい志木』2009年10月11日付より
2009年7月「子ども医療費無料制度」の年齢が拡大(小学生は入院・通院、中学生は入院のみ)されました。ただし、この制度を利用できるのは、税・公共料金を3月31日までに完納している世帯の子どもに限られています。市内には小・中学生が約5,900人いますが、受給者証が発行されたのは3,801名です。クラスの4人に1人がこの制度を利用することができません。
高浦議員は本会議で、この適用除外条件が生活困窮者にたいしあまりにも非情な、「福祉の心」を失した制度であることを指摘し、この適用除外条件の撤廃を強く求めました。