囲碁入門教室始まる 基本的ルールを学ぶ


講義する大澤さん(右端)=2014年3月27日、さいたま市

講義する大澤さん(右端)=2014年3月27日、さいたま市

「しんぶん赤旗囲碁・将棋大会」埼玉県大会実行委員会主催の「囲碁入門教室」が27日、さいたま市中央区の「囲碁サロンさいたま新都心」で始まりました。同大会が50回を迎えたのを記念して企画されたもので、日本棋院さいたま新都心支部との共催です。全4回で木曜日と土曜日のコースがあります。

参加者は「家業を子どもに譲り、何かやりたいと思った」「家の中でできることを見つけようと来ました」など、受講の動機を語りました。

講師の大澤完治さん(日本棋院県支部連合会副会長)は、地域のすみずみで「赤旗」大会が開かれていることを評価し、数年前から大会に協力していることを紹介。「教室で、これから囲碁をやる人を増やしたい」と語りました。

初日は、囲碁の起源や歴史に触れながら、基本的なルールなどを講義しました。

教室の問い合わせは048-658-5551(担当・斉藤)まで。(赤旗2014年3月28日付より)