【狭山市】基地交付金は20億円のカット


『民主さやま』2009年10月11日付より
入間基地が狭山市にあるために固定資産税にかわる「国有提供施設等所在市町村助成交付金」が国から支出されています。この額が対象資産との関係では25億1350万円になるところですが、実際には4億9192万円(差額は20億2158万円)しか支出されていません。前年度より対象資産が1億3000万円増えているにも関わらず、助成金は同額となっています。
ちなみに入間基地は総面積2.92平方キロメートル(93.5%、残りは入間市)です。狭山市の総面積の約6%にもなる広大な面積です。日本共産党は事あるごとに、固定資産に見合った助成金要求するよう求めています。