埼玉・春日部市 現有6守る 共産党攻撃はね返す


全員当選を喜ぶ(左から)坂巻、並木、大野、卯月、松本の6氏=2014年4月21日未明、春日部市

全員当選を喜ぶ(左から)坂巻、並木、大野、卯月、松本の6氏=2014年4月21日未明、春日部市

20日投開票された埼玉県春日部市議選(定数32、立候補42人)で、日本共産党は、卯月武彦(51)、松本浩一(62)、大野とし子(57)、今尾安徳(48)=以上現=、並木敏恵(53)=元=、坂巻勝則(57)=新=の6氏が全員当選し、現有議席を確保しました。

共産党の得票は、1万1980票(得票率15.72%)で、前回(1万1544票、14.64%)を上回りました。公明、民主、社民各党は得票を減らし、元民主党の市議・県議で今回、みんなの党から立候補した元市議は落選しました。

市議選では、市長を先頭に「共産党は多すぎる」などの攻撃が加えられましたが、消費税増税など安倍政権が暴走する中で、「暮らしを守る市政を実現してほしい」という市民の願いに応えられるのは共産党だけだと反撃。市の120億円の基金を活用するなど財源を示しながら、国民健康保険税の引き下げや小中学校へのエアコン設置、「春バス」の運行改善、春日部駅の東西自由通路整備などを公約に掲げて支持を広げました。(赤旗2014年4月22日付より)