いっせい地方選勝利を 埼玉県共産党後援会が総会


埼玉県日本共産党後援会は24日、さいたま市内で2014年度総会を開きました。来年のいっせい地方選勝利に向け、後援会を確立・強化する方針を確認しました。

荻原初男党県委員長は、集団的自衛権行使容認などの安倍政権の暴走に対抗する国民の共同が広がっていること、「自共対決」の政治状況が強まっていることを強調。情勢を切り開く、強く大きな共産党にするため「躍進月間」に取り組んでいることを紹介し、「力を合わせて頑張りましょう」と訴えました。

酒井隆三事務局長が、「躍進月間」の提起に応え、後援会としても奮闘することを呼びかけ、得票目標に見合った会員の拡大や活動の日常化などの方針を提案しました。

討論では、要求署名を持って対話し、会員を増やしていることや、気軽に党を知ってもらう工夫をしていることなど、各地の取り組みが紹介されました。

奥田智子県議が来賓あいさつ。川野幸徳会長(再任)ら新役員が新任されました。(赤旗2014年5月31日付より)