さいたま市議候補 大塚氏を発表


140605_02

大塚武秀候補

日本共産党さいたま地区委員会は5日、来年のいっせい地方選の、さいたま市議候補(第3次分)を発表しました。

 

◇西区(定数4)

大塚武秀(39)=新=

介護福祉事業所職員。

議席継承 暮らし守る 大塚氏決意

来年のいっせい地方選・さいたま市議選で、西区(定数4)からの立候補を表明した日本共産党の大塚武秀氏(39)=新=は、5日の記者会見で、勇退する山城屋せき市議の議席を引き継ぎ、暮らしを守る決意を述べました。

決意を語る大塚氏(中央)と斉藤地区委員長(右)、山崎市議団長(左)=2014年6月5日、さいたま市

決意を語る大塚氏(中央)と斉藤地区委員長(右)、山崎市議団長(左)=2014年6月5日、さいたま市

大塚氏は、西区の介護福祉事務所で10年近く介護福祉士として働き、生活に困る多くの住民の相談に乗ってきたと語り、「政治が弱い立場の人のためになっていないと感じてきた。市民の目線で市政に声を上げていきたい」と述べました。

大塚氏の擁立で共産党が10選挙区で獲得を目指す11議席の候補(現職5人、元職1人、新人5人)がそろいました。

会見には斉藤功地区委員長、山崎あきら市議団長が同席しました。(赤旗2014年6月6日付より)