【さいたま市】暮らし守る願い共産党へ/山下書記局長迎え演説会


声援に応える山下氏と県議・市議候補、伊藤氏=2014年8月31日、さいたま市

声援に応える山下氏と県議・市議候補、伊藤氏=2014年8月31日、さいたま市

さいたま市で31日、山下芳生書記局長を迎えた日本共産党演説会が開かれました。党さいたま地区委員会の主催。会場の埼玉会館は1、2階席ともいっぱいになり、ロビーでモニターを見ながら演説を聞く人も大勢いました。

山下氏は、来年のいっせい地方選で「国民の二つの願いを日本共産党に託してほしいと訴えたい」と語りました。第一に、日本共産党の躍進で国民の中にわき起こる「安倍政権の暴走ストップ、内閣打倒を」の願いに応えようと強調しました。

第二に、「暮らしを守る県政・市政への転換の願いを日本共産党の候補に託してほしい」と語りました。県政では知事と自民党などの県議による徹底した弱者切り捨て、教育へのきわめて乱暴な介入という異常な政治が行われ、さいたま市政では、自民党政治そっくりの暮らし・福祉破壊、大型開発推進の政治が行われていると指摘。これらの政治に対し「真っ向から対決し、住民とスクラムを組んで願いを実現しているのが日本共産党の議員です。日本共産党の候補者全員の勝利が安倍暴走政治をストップさせ、住民の願いを実現する大きな力になります」と訴えました。

いっせい地方選勝利をめざす青柳しんじ県議候補(新、南6区・同市見沼区)と、市議選候補11人が決意表明し、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が共産党勝利を訴えました。

見沼区の男性(72)は「山下さんの話を力に共産党の値打ちを語り広げていきたい」と話しました。(赤旗2014年9月1日付より)