関東大震災での朝鮮人犠牲者追悼 さいたま市


さんの墓前で手を合わせる参加者=2014年9月4日、さいたま市

姜大興さんの墓前で手を合わせる参加者=2014年9月4日、さいたま市

1923年9月1日に起きた関東大震災で、誤った情報を元に虐殺された朝鮮人犠牲者を追悼する会が4日、さいたま市見沼区の常泉(じょうせん)寺で開かれ、50人が参加しました。日朝協会埼玉県連合会(船津弘会長)の主催。

関東大震災の最中、軍隊や警察、住民が組織した自警団によって6000人以上の朝鮮人、約700人の中国人が虐殺されました。埼玉県では二百数十人の朝鮮人が犠牲になりました。常泉寺には同月4日に現在の見沼区染谷で殺害された姜大興(カン・デフン)さんの墓があります。

追悼会は、常泉寺住職の読経に続き、参加者が姜さんの墓前で焼香しました。

歴史教育者協議会の関原正裕さんが講演し、軍隊や警察が朝鮮人を守ったかのように描いた日本史教科書が県立高校の一部で採択される一方、事件を正確に記述した教科書が採択されなくなるという状況を語り、歴史をゆがめる勢力の動きに警鐘を鳴らしました。

日本共産党の青柳しんじ県議候補があいさつし「歴史の真実を隠そうとする国からの力に対し、事実を明らかにすることで対抗することが大事です」と語りました。(赤旗2014年9月5日付より)