集団的自衛権行使に「反対」 平和願いタッグ/埼玉弁護士会長らと共産党懇談


大倉会長(写真奥右)らと懇談する党県委員会と県議団=2014年9月9日、さいたま市

大倉会長(写真奥右)らと懇談する党県委員会と県議団=2014年9月9日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会と県議団は9日、さいたま市の埼玉弁護士会館で、大倉浩弁護士会長らと集団的自衛権行使反対の運動について懇談しました。荻原初男委員長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、柳下礼子、村岡正嗣、奥田智子の3県議が出席しました。

大倉会長は、埼玉弁護士会が集団的自衛権行使容認に反対する決議や会長声明を出し、集会やデモも行ってきたことを紹介し「間違っていることは間違っていると言わなければなりません。弁護士会だけでは広がらないので、共産党とも連帯できるところは一緒にやっていくことは大事だと思います」と語りました。

柳下県議は、県議会の自民党などが歴史教育への介入を強め、「憲法改正」を国に求める意見書を強行可決するなど、安倍政権と一体に暴走している実態を発言。村岡県議は、共産、民主、社民の3会派が秘密保護法や集団的自衛権行使容認に反対する共同声明を出すなど一致点での共同が実現していることを紹介しました。

伊藤氏が「憲法違反の閣議決定をする内閣が存在していいのでしょうか」と問いかけ、安倍内閣打倒に全力をあげる決意を述べると、大倉会長は「(安倍首相は)選挙で選ばれれば自分の自由になるように言っていますが、立憲主義がわかっていない。それができなくさせるのが憲法です」と語りました。

荻原委員長は「憲法の完全実施が日本共産党綱領がめざす社会の方向です」と説明し、一致する課題での共同を呼びかけました。(赤旗2014年9月11日付より)