埼玉県議会 一般会計補正355億円/柳下県議、29日に一般質問


埼玉県議会定例会が19日開会し、補正予算案2件、条例案7件など21件の議案が提出されました。

一般会計補正予算案は、埼玉高速鉄道の金融機関からの借入金に対する損失補償として327億5184万円、防災拠点施設への太陽光発電設備と蓄電池の設置費15億円など計355億5529万円を計上。病院事業会計補正予算案は、小児医療センター移転工事の汚染土壌処理費6億3000万円(都市再生機構が負担する見込み)を計上しました。条例案は、認定こども園の認定要件に関する条例改定などです。

会期は10月10日までの22日間。26日、29日~10月2日に一般質問が行われ、日本共産党の柳下礼子県議は29日午後3時から質問する予定です。10月6日に常任委員会、同8日に特別委員会が開かれます。(赤旗2014年9月20日付より)