まごころ市政つくる/埼玉・草加市長選 田中市町が決意


市長選へ決意を語る田中市町=2014年9月29日、草加市

市長選へ決意を語る田中市町=2014年9月29日、草加市

19日告示・26日投票の埼玉県草加市長選で2期目をめざす田中和明市長の「激励会」が9月29日、草加駅前アコスホールで開かれました。

田中市長はがあいさつし、4年前、市議会が前市長への不信任決議を可決し、失職したことを受けて立候補を決意し、当選後は市民のための市政運営に力を入れてきたと語りました。中学卒業までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置、認可保育所の増設、駅前広場の放置自転車解消などの実績を紹介。引き続き、災害に強いまちづくりや教育環境の整備などに取り組むと語り「まごころの通った市政、いつまでも住み続けたくなるまちをつくっていく」と訴えました。

元市長や元市議会議長、自民、公明、民主、共産など各党の県議、市議らが出席し、田中市長への期待を述べました。

市長選は、暴力団との癒着や市民に冷たい市政が批判されて失脚した前市長の木下博信氏が返り咲きを狙っています。日本共産党は、「木下ブラック市政」の復活を阻止し、「フェアで思いやりのある田中市政」を前進させるために、田中市長を支持してたたかいます。(赤旗2014年10月1日付より)