【草加市】ブラック市政許さない 5候補勝利へ決意/市議選19日告示 塩川衆院議員応援


声援に応える(左から)平野、斉藤、後藤、塩川、佐藤、藤家の各氏=2014年10月11日、草加市

声援に応える(左から)平野、斉藤、後藤、塩川、佐藤、藤家の各氏=2014年10月11日、草加市

19日告示、26日投票の埼玉県草加市議選(定数28、2減)と同市長選の勝利へ、日本共産党草加市委員会は11日、塩川鉄也衆院議員を迎えて東武線草加駅前で街頭演説を行いました。

現有議席の確保をめざす、平野あつ子(54)、斉藤ゆうじ(36)、佐藤のりかず(29)=以上現=、後藤かえ(36)、藤家あきら(27)=以上新=の5候補が決意表明。「奨学金制度の創設を」(藤家氏)、「子どもの貧困の連鎖を断ち切る」(後藤氏)、「暮らしと平和を守れの声を草加から」(佐藤氏)、「防災・雨水対策に全力」(斉藤氏)などと訴えました。

平野氏は、田中かずあき市長の再選に全力を挙げている市長選について「4年前に市民が変えた、(前市長の)『ブラックで冷たい市政』から(田中市長の)『フェアで思いやりのある市政』への流れを継続、発展させます」と強調。前市長の陣営が「共産党が応援する市長に任せられない」と反共攻撃を振りまいていることに対し、「暴力団と癒着した前市長と命をかけてたたかってきたのが共産党です。共産党が応援しているからだめだという人は正体が知れます」と反撃しました。

塩川議員は、県内で初めての公契約条例制定など党市議団の実績を強調し、市長選について「共産党が応援する市政は、暴力団との癒着のような反社会的な行為を決して許さない市政だということを示すものです」と語りました。(赤旗2014年10月12日付より)