草加市議選あす投票 党5候補全員当選必ず


平野あつ子候補

平野あつ子候補

斉藤ゆうじ候補

斉藤ゆうじ候補

佐藤のりかず候補

佐藤のりかず候補

後藤かえ候補

後藤かえ候補

藤家あきら候補

藤家あきら候補

埼玉県草加市議選(定28、2減、立候補34人)は一票を争う激戦のまま26日の投票日を迎えます。日本共産党の平野あつ子(54、斉藤ゆうじ(36)、佐藤のりかず(29)=以上現=、後藤かえ(36)、藤家あきら(27)=以上新=の5候補は、全員当選・現有議席確保で市民が主人公の市政の流れをさらに前進させようと全力をあげています。

共産党は、「生活が苦しい」という市民の切実な声に寄り添い、暮らしや地域の要求に応えて活動する党市議団の役割を強調しています。

田中かずあき市長の市政の下、共産党市議団が市民の運動と力を合わせて実現した、中学卒業までの医療費無料化などの実績を語り、国民健康保険税の引き下げなどの公約を訴えています。

有力な候補者がひしめき、地域・組織の締め付けも強まる中、誰が落ちてもおかしくない選挙情勢です。共産党と後援会は「あらゆるつながりを生かして、最後まで支持を訴え抜き、激戦を勝ち抜こう」と対話・支持拡大に奮闘しています。(赤旗2014年10月25日付より)